--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.07.25(Fri):育児
4月から長男(もうすぐ6歳)がスイミングに通っています。同じ保育園のお友達2人と、なかなか楽しそう。
で。
当然のことながら一緒に通いたい次男(4歳なりたて)。
4月の時点ではまだ3歳だったので、長男と同じクラスには入れなかった彼。先日4歳になり、やっと体験教室に行く事が出来ました。

初日は年齢別、2日目は泳力別にクラス編成されて受講。なんですが。
とことんマイペースな次男。
どう見ても先生の話を聞いてない。周りの子が動いて、初めて「おっ。なにやら動くのだな」という感じで「よっこらせ」と立ち上がる……。列に並んでいる間も、あっちへフラフラこっちへフラフラ。私の方見て満面の笑みで手を振ってる。
うん。楽しそうだし、母ちゃんも手を振り返すんだけどね。前見て前。がんがん順番抜かされてるから。

そんなこんなで授業の終わり頃に、
すべり台を滑って水に入る→そのまま先生の元まで泳ぐ→プールから上がってすべり台にまた並ぶ という内容をやっていたんですが、泳ぎ終えてプールから上がった次男。左右を見てすこーし迷った末に……

隣のクラスの列に並んだorz

なんでわざわざ遠い方の列に並びに行く。息子よ。
隣は、少し泳ぎの上手な子たちのクラス。最後尾にフツーに並んでいた次男に先生が気づかず、そのままプールサイドに誘導されてバタ足始めちゃったよ……。
どうしようと慌てる夫と私。するとすかさず長男が近くにいた先生に「せんせー! (次男)が隣に入った!」
何の事かと首をかしげる先生に事情を説明すると「えっ。そりゃいかん」と急いで中に入り、元のクラスに連れ戻していただきました^^;
その後は最後まで外れることなく、体験教室は何とか無事に終了。

あとで先生からコメントいただきました。
「ちょっとぼーっとしてるところがありましたけど、これから団体行動に慣れると思いますよ」

保育園生活4年目にして、いまだ団体行動に慣れず……。
本人はかなり楽しかったようなので、まあいいか。
楽しみだね。スイミング。


スポンサーサイト
2012.10.13(Sat):育児
本日は、チビ太とまめの運動会でした。
天気にも恵まれ、本当に良かったです。

まめは環境の変化に驚いたのか、入場行進のときは泣いて先生に抱っこされていましたが、おゆうぎは元気に踊っていました。ちゃんと前で踊る先生と動きを合わせて踊っていたので、ほほーと感心。

チビ太は、かけっこでアクシデント発生。途中でお友達とぶつかったはずみに靴が脱げてしまい、慌てて取りに戻っているうちに一人ポツン。
先生に手伝ってもらって履いてる途中、涙がポロポロ……。
それでも、周りから暖かい拍手をもらいながら、ゴールまで何とか走りぬきました。
走り終え、座って待っている間、顔をごしごし腕で拭って一人悔しさと闘うチビ太。その間、一番仲良しのお友達が、ずっと頭を撫でてくれていました

ああ、母の知らないところで息子は成長しているんだなあ。
心も、人との関わりも、毎日毎日親の目の届かないところで少しずつ成長し、ちょっとしたところで目に触れる。それが、大きな感動をもたらしてくれるものなんですね。
その後の競技は、ずっと笑顔で頑張っていました。

来年は、どんな雄姿を見せてくれるのかな。
楽しみと同時に……親子競技がハードでない事を祈るばかりです^^;
2012.09.07(Fri):育児
まめのアレルギー検査に行ってきました。
ミルクと卵。結果は1週間後。さてさて、どうなる事やら……。

まめも近頃はずいぶん聞きわけが良くなってきて、きちんと事前にお話ししておけば、ある程度我慢ができます。
歯医者でも嫌がらずに口を開け、小児科で先生の前に座っても暴れなくなりました。
とはいっても、アレルギー検査の採血は予防接種よりもずっと痛いだろうから、暴れるかなあと不安でいたんです。
ところが。
泣きはしたものの、暴れることなくぎゅううううっと私の腕を掴み、しがみつき、採血の間じっと我慢していました。しかも、終わったらすぐに泣きやんで「にこっ」
「良く頑張ったね~」と先生や看護師さんに褒めてもらうと、「うん」とドヤ顔で答えていました(^^;

いつも母ちゃんを困らせてばかりの悪ガキくんですが、我慢強さはなかなかのもの。見直したぞ、まめ!




以下、拍手コメントのお礼です

【Read More...】

2012.08.03(Fri):育児
もぐらたたき。
といっても、本当のもぐらでもなけりゃゲームでもないんですが。

チビたちの身体に発生した水イボです。
最初はチビ太のお腹とわきの周辺にポツポツと見つけたので、皮膚科に急いで行って取ってもらったんですよ。
保育園で毎日プールありますし。(ま、うちの園はゆるくてTシャツを着せて入れてくれるんですけれどね)

ところがところが。
ものの1週間ほどで、どわ~っと全身に広がってしまった……(泣
こうならないように病院行ったのに! 薬塗ってたのに! うわあああん

何度か病院で取ってもらうも、次々と新しいヤツが顔を出す。まさにもぐらたたき。
そうこうしているうちに、お風呂上がりに「おや?」
まめにもできとるがな……orz
まあ、当然と言えば当然か。一緒にお風呂入ってるもんね。むしろ触れない方がおかしいわな。

で、ハト麦やら軟膏やら色々と手を出した結果……。
チビ太はやや小康状態になったのですが、まめが全身に広がってしまいました。

水イボってやつは抗体ができて自然に治るのを待つしかないみたいですね。
でなきゃ、治ってもまたできる。これの繰り返し。
抑えつけられ、ピンセットでイボをむしり取られ「いちゃい(痛い)~」と泣き叫ぶまめを見ていて、病院はもうやめようと思いました。今思い出しても、かあちゃん涙出てくるよ。

もぐらたたき。無理やり叩くんじゃなくて、いなくなるのを待つのが一番精神的に良い方法なのかな。
水イボに汗疹、プール熱、ヘルパンギーナ。夏特有の病気は、本当に手強い。

子供だけじゃなく大人も体調を崩しやすい季節。
皆さま、お気をつけくださいね。
2011.02.22(Tue):育児
♪あかりをつけまちょ もんもりに~

 おはなをあげまちょ ももならら~

 ど~ちんばやちに ふえだいこ~ん

 きょ~うは たのちい ひなまちゅり~

 「ひなまちゅり、ちゃうやーん」←毎回入るつっこみ

           by チビ太


何かしら保育園で覚えてきたことで笑わせてくれますが、久々のヒット。

ちなみにいまだ「さしすせそ」はすべて「ちゃちちゅちぇちょ」に変換されます(^^;

魔の2歳児なんていうけれど、家庭に一人いれば笑いが止まらない。
2011.01.10(Mon):育児
まめ(次男・5カ月)の認可保育園申請を出したのが、去年の年末。結果は3月頭に分かるのですが、その前に来ました。申請者の統計結果。

現在、まめは認可外に通ってます。チビ太(長男・2歳)は認可園なので、正直言って経済的にも時間的にもキツイ。4月から何とか二人同じ園に通えればいいなーと思っているのですが……。

統計結果→希望の保育園は0歳児定員11人に対して申請者45人。

……45人!?

第1希望申請者数だけで23人。半分しか入れないって、うっそーん。
そのうち第2、第3希望の園に回される方もいらっしゃるとして……いやいや、どこの園も軒並み定員オーバーだから、やっぱり待機になるのかな。

今年から新しい園が二つ増えたんですけど。待機児童解消どころか増えてますがな。
チビ太の時より、明らかに倍率がぐーんとアップしてます。
やっぱり世間に吹く風はまだまだ冷たいようです……。

今通っている認可外も先生方は優しくて雰囲気は良いのですが、やっぱり設備やカリキュラムの面で認可園にはかないません。
入れるかなあ、入れなかったらどうしよう(←どうにもならんのは分かってるけど)なーんて考えてばっかりで。

あーやだやだ、不安ばっかり大きくなっていく~(泣

2010.09.02(Thu):育児
ご無沙汰しておりました。
7/16に男児を無事出産しまして、ただいま育児に追われております。

「二人目の育児は楽よ~」なんて周囲の声があったので気楽に構えておりました。が。
二人目のみ考えれば、確かにそうかもしれません。だいたい成長の予想はつきますし、ちょっとしたトラブルの対処方法なども経験済み。個人の差はあれ、ここまでなら放っておいてもOKという境界も掴んでる。

でも、でもね。
これに2歳になったばかりのチビ太が加わると、とんでもないことになるんです(T_T)
力加減を知らぬままに「あーかーちゃーん」と叫びながら手足を引っ掴んでブンブン振り回すわ、曲がらん方向に腕を曲げようとするわ、「はいどーぞー」と自分のブロックやら玩具の箱やらを身体の上に乗っけるわ……。
ベッドの柵をあげれば、すかさずよじ登ってガンガン揺らし、動物園のサル状態。
かと思えば、授乳時間になったとたん、ささっと私の前に陣取って「抱っこ」。
やきもち焼くのは分かるけどね。お母さんの身体は一つしかないんだ。息子よ。

兄弟は2歳差が良いなあ、なんて声もチラホラ聞きますが、正直私の感想は、
「もう少し開いた方が、ぜっったい楽!」
まあ、そんなこんなで母にも手伝いに来てもらい、バタバタと毎日が過ぎております。

というわけで、本日は報告まで。
小説に関しては、また後日書きたいと思います。

2010.05.03(Mon):育児
子供の食について考える。
なんていうとすごく難しい感じがしちゃうのですが。
ちょっと思うところがあったので、書いてみます……。




【Read More...】

2009.10.23(Fri):育児
秋になって、チビ太のイベントが続いております。
運動会に遠足。……0歳児クラス(1歳になったけど)なんですけどね。

1歳で運動会。何をするのか?
ハイハイでお母さんのとこまで行って、その後親子ダンス。⇒号泣
1歳で遠足。どこへどうやっていくのか?
親子揃ってベビーカーで5駅ほど離れた動物園へ。現地集合現地解散⇒テンション上がるもすぐに爆睡。ほとんど寝てた。

そりゃそうだわな。何をやらされてるのかも、分かってるようで分かってないんだもん。

しかし、子供より親が疲れます。
お弁当用意してください、なんて軽く言われるんですけど、うちはまだ幼児食ですし。
親の分と子供の分、別々に作るのめんどくさいったら。

まあ、でも運動会のフリフリ衣装は可愛かったし、初めての動物園でゾウとペンギンに大興奮して楽しんでいたので、良しとしよう。うん。

……単なる親バカだわ
2009.08.12(Wed):育児
そいつの名は伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)。
世間一般向けの名前は「とびひ」と申します。

チビ太がかかってしまったのです。お盆直前に(TT)
保育所の掲示板に「3歳児クラスでとびひが流行っています」と張り紙があるのを見てたんですが、ウチは兄弟もいないし、まず関係ないだろうとタカをくくっておりました。
しかも、チビ太は喘息の関係でプール(水遊び)も禁止中。接点なんてないし……。

ところが。
腰と太ももの付け根辺りの皮膚がポチっとめくれているのに気づいてから、2、3日。
あっという間に背中やら首やらに広がり、「こいつはヤバいかも」と思った翌日には、腰回りがジュクジュク状態……。
うーむ。あまりの広がりの速さに、何にも手が打てませんでした。

とびひは非常に感染力が強いので、登園許可証をお医者さんに書いていただかないと、保育所に行けません。さいわいお盆休みに入るまでに治療を受けることができたので、休み明け早々にもう一度病院に行って許可証をもらわねば。

この時期、とびひにかかる子は多いですね。プールもありますし。
かかっちゃうと、本当に痛々しいです。
特に、乳児は注意しても分からないので、どんどん傷口を触ったり掻いたりしちゃうんですよね。

こまめにお肌ケアしないとなー、と、チビ太の背中一面に広がる黒いカサブタを見ながら反省です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。