--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.07.02(Mon):日常
久しぶりに一人の時間に立ち寄った古本屋で、「おっ」と思う本を見かけ5冊も購入してしまいました。
文庫本なんだけど、5冊も読む時間どこにあるんだろうね。

ま、そう言いつつもボチボチ読んでいるのは、畑中恵「しゃばけ」シリーズ。
これドラマを先に見たんですよね。私。
「しゃばけ」と「うそうそ」がドラマ化されていて、結構面白いなあとおもっていたんです。
で、シリーズ5冊揃って見かけたもので、つい購入とあいなりまして。

花のお江戸のファンタジー。いいですね。妖(あやかし)たちがたくさん出てきて、なんだかとっても賑やかです。若だんなと二人の手代の掛け合いもテンポよく読めて面白い。
江戸の町の雰囲気も好きだなあと思うんですが、いちばん好きなのは言葉です。
「あたし」とか「~おくれでないか」とかね。若だんなが話すと、とっても優しくてお上品(笑

ああ、でもあれです。ドラマ先に見ちゃったもので、主な登場人物が全部その方たちの顔で出てくるんですよ。映像は一度見てしまうと、イメージがびしっとついてしまうんですよね……。文章を読んだイメージと映像のイメージが何だかずれてる事もしばしば。それがちょっと困りものです。


関連記事
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://mym5319.blog72.fc2.com/tb.php/39-46fed734
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。