--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.08.12(Wed):育児
そいつの名は伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)。
世間一般向けの名前は「とびひ」と申します。

チビ太がかかってしまったのです。お盆直前に(TT)
保育所の掲示板に「3歳児クラスでとびひが流行っています」と張り紙があるのを見てたんですが、ウチは兄弟もいないし、まず関係ないだろうとタカをくくっておりました。
しかも、チビ太は喘息の関係でプール(水遊び)も禁止中。接点なんてないし……。

ところが。
腰と太ももの付け根辺りの皮膚がポチっとめくれているのに気づいてから、2、3日。
あっという間に背中やら首やらに広がり、「こいつはヤバいかも」と思った翌日には、腰回りがジュクジュク状態……。
うーむ。あまりの広がりの速さに、何にも手が打てませんでした。

とびひは非常に感染力が強いので、登園許可証をお医者さんに書いていただかないと、保育所に行けません。さいわいお盆休みに入るまでに治療を受けることができたので、休み明け早々にもう一度病院に行って許可証をもらわねば。

この時期、とびひにかかる子は多いですね。プールもありますし。
かかっちゃうと、本当に痛々しいです。
特に、乳児は注意しても分からないので、どんどん傷口を触ったり掻いたりしちゃうんですよね。

こまめにお肌ケアしないとなー、と、チビ太の背中一面に広がる黒いカサブタを見ながら反省です。
関連記事
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://mym5319.blog72.fc2.com/tb.php/8-90f1a467
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。